免疫療法で画期的治療~がん治療のパイオニア~

看護師

過剰な摂取は腎臓病の原因

医者

近年、糖の摂りすぎで糖尿病となり、それがもとで腎臓を患い透析を受ける患者が世田谷区でも増えています。また、糖質を制限する代わりにタンパク質を摂りすぎる人も多く、それも腎臓病の原因になります。タンパク質を多く摂る場合は、筋肉に変えるためにしっかりと運動を行うことが大切です。

詳しくはコチラ

副作用のないがん治療とは

医者

体内での細胞の働き

ガンを治すには、外科治療、放射線治療、化学療法が三大ガン治療と言われています。免疫療法はこれに続いて四番目のがん治療として今注目を集めています。免疫とは、体内に侵入したウィルスや細菌を免疫細胞と呼ばれるものが排除する働きのことです。正常細胞のガン化は毎日のように体内で起こり免疫細胞がそれを退治しています。そのためガンは大きく育つことなく体内で消えてしまいます。しかし、免疫細胞は時にはガンを正常な細胞だと間違えて見逃してしまう場合もあります。それはガンがもともと正常な細胞だったものが変化して生じたものだからです。けれどガン細胞で際立つ目印を持っているものもあり、これを見つけて免疫細胞にガンを攻撃させる働きを特異的免疫療法といいます。

その治療法とは

体全体の免疫力を高めてガンを退治する非特異的免疫療法に比べて、特異的免疫療法の方が高い治療効果を発揮するとも言われています。しかし、この方法はまだそれほど普及していません。免疫療法は、体が本来持っている免疫力を活かしてガンを退治します。そのため抗がん剤などのつらい副作用がなくそのために苦しむことはなく、これが免疫療法の最大の利点だとも言えます。体質により微熱やアレルギー反応が出る人もいますが軽い症状ですみます。免疫療法は、患者から採取した血液やその成分から免疫細胞を取り出し培養液で活性化させます。その後使用した薬剤を取り除き、活性化した免疫細胞を食塩水とともに点滴で患者に戻します。この活性化した免疫細胞がガンを強力な力で退治するのです。これは従来行われている免疫療法でかなりの効果を上げています。

血液とオゾン

先生

血に働きかける動きとして血液クレンジングがあります。これでは働きかけた血液を利用していくことでダイエット効果が得られまた、頭の働きまでをも良くしていくため、この治療では良い効果が得られるのです。

詳しくはコチラ

血液が逆流

先生

下肢静脈瘤は足にある静脈が心臓に血液を送るときに逆流してしまうために起こる症状です。遺伝やホルモンの影響によることもありますが、日常的に足を動かしていれば防ぐことができる症状です。齢を取るとなりやすい症状ですが積極的に足を動かし適切な治療を受けましょう。

詳しくはコチラ

Copyright© 2015 免疫療法で画期的治療~がん治療のパイオニア~All Rights Reserved.